導入効果を高めるために

レジスター

企業規模に合ったシステム

店舗を開業させるにあたり必要となる設備がレジです。レストランや日用品店など、一日に多数の来店客が見込まれる業態では、売上分析が容易となるposレジを検討しているオーナーもいることでしょう。posレジは単体で代金精算に用いることも不可能ではありませんが、その機能を十分に発揮させるにはposシステムに接続しなければなりません。そのため簡易なレジスターに比べて何倍もの導入費用がかかります。無駄な投資だったと後悔しないように、導入には入念な準備が求められるのです。posシステムを導入する際にまず明確にしておくべきなのは、どのようなデータ分析を行いたいのかという点です。売上分析といっても、日別、月別、曜日別などの時系列分析に主眼を置くのか、個々の商品の販売数を管理するつもりなのかでシステム規模が変わるからです。多機能であればposの価格も上昇しますが、機能を絞り過ぎて結局有用なデータが得られなければ導入の意味がありません。次に考えておくべきなのは将来的な店舗展開です。多店舗展開するのであれば、売上データを一カ所で集中的に管理できるposは、経営効率を上げるうえで非常に効果的なツールです。独立レジだと各店舗ごとにデータを抜き出し、メールやFAXで送付するという作業が発生しますが、ネットワークに接続させたposレジであれば本社で一括したデータ収集が可能です。少ないスタッフで運用するので人件費を抑えられるのです。