接骨院運営の効率化を実現

施術

保険請求事務の負担を軽減

柔道整復師が接骨院を経営する場合、本来業務である施術の他にも受付・会計・書類整理などさまざまな事務作業をこなす必要があります。中でも保険請求事務は、非常に手間がかかります。しかし接骨師会を活用すれば、事務を効率化を図ることが可能です。接骨院での施術に係る保険給付は、本来は患者がいったん全額を負担し、後で保険者から償還を受けるのが原則です。しかし受領委任払いの制度を利用すれば、接骨院側が請求を代行することができます。患者は最初から自己負担分だけを支払えば良いので、制度を実施している接骨院への通院を好む傾向にあります。受領委任払いは、接骨師会に加入していない接骨院であればすべての手続きを自ら行わなければなりません。制度の適用を受けるための官公署への届出に始まり、患者が加入する保険者ごとの請求書の仕分け、審査機関への提出、照会対応、入金確認といった一連の手間は、独力で行うとなるとかなりの負担となります。しかし接骨師会に加入すれば、これらの作業をすべて委託することが可能になります。接骨院側は、毎月一定の期日までに請求書を接骨師会あてに提出するだけでよくなります。仕分けや提出作業は、会の方で代行します。また、給付金も会の方で取りまとめて、一括して振り込んでくれます。請求事務そのものを簡略化するだけでなく、経理事務の合理化についてもメリットが得られます。接骨師会の中には、請求書を作成するためのコンピュータシステムの導入を斡旋しているところもあります。これを利用すれば、さらに事務を効率化することも可能です。